LPガス協会 石狩支部の概要

支部長挨拶

一般社団法人 北海道LPガス協会 石狩支部 支部長 阿波 嘉克

 日頃より石狩支部の運営に、ご協力を賜り感謝申し上げます。

 我々、LPガス業界は、お客様が安心安全にLPガスを使用するため、事故防止を第一に考え、日々従事しています。

 昨年からLPガス容器の盗難が事故扱いになり、15件のうち7件が該当しました。今後は、雪害・盗難・喪失事故の防止を図ることが課題になります。

 ここ数年は、「料金透明化」「取引適正化」など、保安面以外でも行政の指導を受けており、お客様から選択されるためにも遵守しなければなりません。

 昨年9月6日に「北海道胆振東部地震」が発生し、ブラックアウトを伴う未曽有の災害を経験しました。札幌市との供給協定を履行し、札幌市長名で感謝状を拝受しましたが、LPガス容器が不足する事態に陥りました。この件に関して、現時点では保安面に不安があり、法令に則った対応を札幌市と連携して、災害用容器を安全かつ早急に設置できる体制を強化します。

 石狩支部の最重要課題になる災害時の避難場所となる学校施設等のLPガス設備の常設と、平時からLPガスを使用できる環境の整備を目指し、「災害に強いLPガス」をPRすることで、実現に向けての第一歩にしたいと考えます。 

 今後も石狩支部の健全な運営に尽力する所存ですので、皆様のご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

令和元年6月1日
一般社団法人北海道LPガス協会石狩支部
支部長 宗方 敏浩

販売店一覧