LPガス協会 石狩支部の概要

令和3年度 事業計画

(令和4年4月1日~令和5年3月31日)

(一社)北海道LPガス協会石狩支部

基本計画

(1)関係官庁が発信する情報を、全会員に瞬時に送信します。

(2)災害時避難所にLPガスの設備常設と、常時使用のモデル校の獲得に向けた事業を計画します。

(3)液化石油ガス法の遵守と取引適正化ガイドラインに沿った、料金透明化への取組みを計画します。

(4)「LPガス事故ゼロ」を推進するため、雪害事故防止はもとより業界関係者が起因する事故防止対策を計画します。

(5)世界的に脱炭素社会が叫ばれていますが、低炭素のLPガスが災害被災地で強靭性が実証されており、今後も防災訓練などで必要性のPRを計画します。


委員会活動計画

(1)「広報委員会」は、ホームページ更新による情報発信、支部だよりの発行、会員に事故防止の啓発文書送信、「ノベルティグッズ」の制作、広報活動を計画します。

(2)「保安委員会」は、北海道石狩振興局・札幌市消防局と共催で、6月と10月に保安講習会を開催します。LPガス事故防止・不燃防付燃焼器具交換促進・供給機器期限管理・事故防止啓発文書の作成・事故事例の検証を計画します。

(3)「青年委員会」は、小学校の出前教室を計画します。

(4)「防災委員会」は、札幌市と千歳市で9月に開催する総合防災訓練に参加します。町内会が主催する防災訓練に参加して、LPガスの炊出しと発電で分散型エネルギー「災害に強いLPガス」を周知します。「災害用容器」の点検使用訓練を計画します。

(5)各委員会活動をコラボレーションすることで業界の活性化を促す計画をします。


その他計画

 廃棄ガスメーター回収運動は、関係各位に継続協力を得て、収益金で公益性のある社会貢献活動を計画します。

 関係官庁・関係団体と協力し保安強化を図ります。協会本部の重点方針に協力します。


令和3年度 協会本部 重点方針について

(1)「LPガス安心サポート推進運動」スタートの年、LPガス事故の根絶に向け、独自のアクションプランを推進、自主保安活動チェックシートで保安高度化により、事業者及び消費者に起因する事故防止を図ろう。

(2)「地域社会貢献」として、感染防止と安定供給の両立で、生活基盤を支えるLPガスの存在感を発揮しよう。

(3)「災害時に強いLPガス」で、避難場所になる学校・公共施設等に、LPガスの設備・機器等の常用提案で、地域の強靭化に繋がる需要開発を推進しよう。

(4)「LPガス自動車の採用促進」で、スタンドインフラ網の維持、次世代の環境保全に繋げよう。

(5)「取引の適正化・料金の透明化」の取組みで、取引適正化指針(GL)で求められている標準的な料金メニューの公表100%達成しよう。

販売店一覧